Home > なんてんcafeより > なんてんcafeお誕生日当日のお話

なんてんcafeお誕生日当日のお話

なんてんcafeのお誕生日当日である。

(仰々しい書き出しはマイブームである。)

 

↓写真は本日のお土産 もちろん5月15日に焼いた



この日は今のなんてんcafeのスタッフと

今のなんてんcafeを精一杯表現。

 

おしながき

・肉じゃが

・ポテサラ

・白身魚の西京焼き

・豚肉塩麹漬けグリル

・季節野菜のフリッター(セロリのフリッターが意外にも美味)

・キーマカレー

・かまど炊き白米

・てづくりなんてんレアチーズケーキ

など。

 

なんてんcafeのカレーの王子様ことMも

ひき肉を作るところからカレーを仕込む。

ほんとにこのカフェは何なんだろうと思う。

 

スタッフはいずれ独立したい人が多いのですごく意識が高い。

和食に特化した人

責任感と気持ちの良い接客に特化した人

絶対この人の入れたコーヒーを飲みたい!と言わしめる人

その中でこのカレーの王子様はカレーに対してのみ意識が高い。

6月はスリランカへ料理修行に出てしまう(笑)



最近では何故かお面のつくれるスタッフも入ってきた。

ギターをかき鳴らす二十歳。

ポケットからみょうがが出ている子。

一見まともに見えるのにボケてる子。

 

面接のたびに衝撃が走る。

もう、何なんですか。

またですか!

という具合に。

 

1世代前のなんてんcafeは

店長の人柄と美味しいパン。

今は

この個性のまぜこぜ感が楽しい。

 

個性なんてみんなどうせ持っているものなので

「変」であることが良いことだとは思わない。

ただここに集ったスタッフは

誰にどうみられているかはさておき

のびのびやってる感じが私は大好き。

 

そして

最近はお客様もそんな個性的で愛らしいお客様に恵まれている。

妖精の顔したおっさんのような素敵なお姉さん。

要町の宮川大輔(お祭り男)。

私のことを「兄貴!」と呼んできた謎の一見さん。

おもろい。

 

この日のお客様も

英語と広島弁と大阪弁と標準語が織り交ざり

年齢も織り交ざり

ごちゃごちゃ感が良い感じ。

ほんといろんなひといるよねーという感じ。

 

さて

今日のメインイベントは

なんてんcafeの前の通りに名前を付けよう!

だったのですが

それもみなさん真剣に考えてくださいました!!

今なんてんcafeの壁には渾身のアイデアが貼ってあります。



このネーミングは

まだまだアイデア募集しようと思っています。

5月いっぱいはアイデアを募集して

投票で名前を付けたいなぁと。

ゆくゆくはみんなでつけた通りの名前が載った

要町の地図をつくりたい。

そんなふうに

色んな人が集まるカフェで

夢はどんどんふくらみます。

 

さて

というわけで、

〆はもちろんバースデーケーキですよね。

この日用意したケーキは

なんてんのロゴケーキ。

レアチーズケーキをドーム型に形成し

その上から赤ワインと苺のジュレを流しました。

完全なる自作自演の集大成!!

皆様3年目のなんてんcafeもよろしくおねがいいたします。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > なんてんcafeより > なんてんcafeお誕生日当日のお話

Return to page top