Home > なんてんcafeより > なんてんcafeの店長という仕事について

なんてんcafeの店長という仕事について

なんてんcafeでは今将来店長となることを見越して

正社員を募集しております。



 

私、店長の大石は

今まで鯰組(なんてんcafeを運営する建築事務所)

の広報兼なんてんcafe店長だったのですが

広報の仕事に専念しようと思っています。

つきましてはcafeを見てくださる方を探しているのです。

 

 

なんてんcafeの運営はとてもやりがいのあることです。

仕事を兼任している私は

cafeでずっと調理場に立つわけにはいかないので

その分たくさんのアルバイトがなんてんcafeを支えてくれているのですが…

 

そのアルバイトが何ともみんな個性的。

 

これをどう束ねるの?!

どっちの方向へ向かうの?!

みんなが気持ちよく働けるお店って何??

とても難しいことですが

何よりスタッフがみんな仲がいいので毎回なんとかなります。

建築事務所の面々がなんてんcafeに癒されるという

素敵なことも起こっています。

 

一方で難しいこともあります。

たとえば日々のお金の管理や、

時間マネジメント

飲食店は料理の腕以外にも

体力・集中力・コミュニケーション能力が必要とされる

結構大変な仕事です。

いろいろ詰め込めようとしすぎて

誰かがしんどい思いをしていないか、

常に気を配らなければいけません。

 

料理も、

なんてんcafeは家庭料理屋ですので

同じ料理を毎日作り続けていれば良いということではありません。

四季のもので

しかも家庭ではあんまりやらない手間をかけて

この食材こう食べるんだ!みたいな

驚きも手掛けて考え続けなければなりません。

 

でも

そのどれもが

結構楽しいわけです。

仕事ですから多少頭抱えるくらいがちょうどよくて。

 

なおかつ

最近はスタッフが私の相談役というか

愚痴とか聞いてもらったり

メニューなどで困ったら相談に乗ってもらったり

一人でクリアするんじゃない感じは非常に楽しいです。

 

最近はお客様も増え

常連さんも増え

地域活動や料理教室をしたり

なんてんcafeはなんてんcafeで

いろいろなことができるようになってきました。

 

レンタルスペースやコラボイベントで

地域の人との交流をはかったり

cafeを使って様々なことができるのは

本当に楽しいです。



じゃあなんでそんな楽しい仕事を手放すのかといいますと。

 

お客様が増えて活気が出た分

兼任という状況で運営していくことが困難になったからです。

 

実はcafeって見えない仕事が結構あるんです。

WEBの更新、メニューの刷新、お客様の活動の告知

メニューの開発、環境を整えたり家電製品のトラブルなどの対処

備品の充実、レンタルスペースの窓口、メール返信

なんてんcafeのシフト調整、給与計算、

スタッフモチベーションUPの対策を考えたり・・・

 

なんてんcafeと鯰組広報、

2冊のスケジュール帳をいつも完璧に更新できるほど

かしこくない自分と直面し

誰かに一緒にやってほしいなと。

 

そこで社長と話をし

なんてんcafeの引導を誰かに渡すことにしたのです。

 

今、ランチはリニューアル当時からのスタッフが

「店長なしでもだいじょうぶだよ!!」

としっかり引っ張ってくれているので

 

活気とやる気のある人が

夜のなんてんcafeを盛り上げてくれたら

もっと良い店になれるんじゃないかなぁと思っています。

 

幸い今までヘンテコな人ばかり

なんてんcafeにやってきた経験から

どんな人が来てもびっくりしないつもりです。

 

cafe専門学校を卒業したばかり、勉強+力試しをしたいと思っている若い子とか

将来自分のお店を持ちたいと思っている男性とか

こどもがいるけど飲食やりたい!!みたいな熱い母とか

ずっと夜働いてきました、最終的にはcafeで働くのもいいねぇというご年配の方とか

 

働きたい気持ちと

料理の能力と

人とのコミュニケーション能力があれば

あとは環境は私が頑張って

整えていこうと思います。

 

一緒になんてんcafeを

盛り上げてくれる人を探しています。

 

興味があればぜひ一緒に

なんてんcafeを盛り上げていきましょう。

 

詳細条件はこちらです。

 

・・・・追伸・・・・

あれ?最近なんてんcafe店長決定してなかった?

なんてんcafeをよくチェックしてくださっている人であれば

気が付いているかもしれません。

決まりかけたのですが

今回はご縁がありませんでした。

というのも

彼女は30歳前半の女性だったので

試用期間中に自分の人生や結婚について考えたときに

23時までの夜勤務は難しいという判断になったからです。

妙齢女子としてその理由納得。。。

確かに夜遅くまで働くことによっぽど理解のある男性でないと

なかなかね。

ワークライフバランス!!

考えないとね。

私も無理はできないので

誰かに無理をさせるつもりはありません。

ただ無理はできないですが

頑張ることはできると思うので

一緒に頑張っていきましょう。

 

 

 

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > なんてんcafeより > なんてんcafeの店長という仕事について

Return to page top