Home > 日記 > 渾身の1000円

渾身の1000円

  • 2013-07-04 (木) 22:12
  • 日記

こんばんは。

なんてんcafeの大石です。

10月から牛乳の金額が5%上がるそうです。

カフェとしてはドキドキするニュースですね。

そんな中

なんてんcafeでは

「お酒のジャケ買い(デザインで選ぶ買い方)」

を始めました。

みんな実はかわいいビールとか好きだから

きっと日本酒もそうじゃないかな??

全部600円。

お得なものもあり、なんてんcafeがお得なものもあり

頭じゃなく遊び心で味わって頂きたいと思います。



さて

こんなこと話していいのでしょうか。

今日は大切なお金の話。

 

私個人の話になりますが

なんてんcafeで働く前は

私は広告制作会社におりました。

お客様から頂く製作費に

「こんな細かいお金で何ができると思ってるんですか?!

なんで予算ないんですか?!」

なんて思ったりしていました。

 

今考えると思い上がったOLでしたね。

貝になるか死にたいです。

 



建築業界&カフェ業界で

ものを作って売る。

という活動を通じて思うことがあります。

それは、1,000円の利益を得ることのむずかしさです。

 

利益を得ることは本当に難しい。

もちろんどんな商売にも共通していることなのですが

今の方がもっと切実です。

 

思えば

かつてのお客様たちは、

必死になって稼いだ利益の中から

なけなしの予算を割いて、

私たちの力を借りて、

業界で生き残ろうとしていたんですね。

 

今カフェの中でも

その提供するものの価値について

本気で考えています。

本当に価値に見合った食事が提供できているか。

 

1000円を稼ぐのは大変です。

暮らしの中から

1000円をなんてんcafeに使ってくださる方に

失礼なメニューでないか。

けちけちしていないか。

 

氷でかさましして稼ぐのではなく

良いものを適正価格で提供すること。

 

建築の仕事にも共通している理念です。

 

大方の方がご存じのように

これが意外と難しいんですが!

目指さなければ、成せませんしね~。

 

そしてなにより

そこに+αをスタッフひとりひとりが提供できること。

みんな接客のプロとなること。

を大切にしています。

 

私はなんてんcafeのスタッフを見ていると

凄いなぁと思います。

なんでかというと

真面目です。

そして

優しく

癒しです。

私がカフェに求めている事を

スタッフがやってくれています。

もちろんまだまだな部分のある人もいて

わたしもまだまだ半人前ですが…

 

何より良いのが

みんなまじめなこと。

これは生きづらさを感じるんじゃないか?

と心配になるくらい、真面目。

 

そんなスタッフと共に

真面目なお店を頑張ってみようと思います。

 

適正価格と+αの癒し。

 

さぁ

明日もがんばりましょうね。

 

 

 

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > 日記 > 渾身の1000円

Return to page top