Home > なんてんcafeより > 茶道教室 【卯月】

茶道教室 【卯月】

今月のお稽古の報告です。

○掛け軸
『桜花の詩』
よみ:”吹く風を 勿来の関と思えども 道もせに散る 山桜かな”
意味:きてくれるな(来る勿れ)の「勿来の関」だから、風もきてくれるなと思うけれど、
狭い道の中咲き散っている。
綺麗にさいている桜を、散らせないで欲しいという、源義家の詩。

花
○茶花
『月光椿、ハナミズキ』

青柳
○菓子
『青柳』
新緑のお菓子。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Home > なんてんcafeより > 茶道教室 【卯月】

Return to page top