Home

なんてんcafe

2017年 NEW なんてん cafe、はじまる。

2017年

NEWなんてんcafe、はじまる。

 

なんてんcafeは、

2010年に株式会社鯰組という建築事務所の妹分としてオープンしました。

鯰組の大工たちがリノベーションした空間で、

美味しいお茶や食事を楽しんでほしい。

単身者が多く住むこの町で、

誰かのリビングダイニングになりたい。

そんな思いで続けてまいりました。

 

20171月から、なんてんcafeは新しく生まれ変わります

運営するのは、

要町でごはん屋ちどりとカフェmuseumを経営してきた華表由夏と、

鯰組・なんてんcafeから独立した馬把真理子のふたり。

 

なんてんcafeの建物は、Fがカフェ。

Fが事務所(鯰組本社)とアトリエショップとなり、

ますます複合的に。要町はきっと、もっと面白く。

 

引き続き皆様の応援をよろしくお願いいたします。

 

 ・・・・

 

運営体制の変更に伴い、

今までお世話になった店長小西はなんてんcafeを巣立ちます。

みなさま、今までお世話になりました。

きっとまたどこかでお会いしましょう。

 

10/25(日) ダブルドリブル ミニライブのお知らせ

こんにちは。

なんてんcafeの小西です。

ひさびさのブログ更新

今日はライブのご紹介です。

 

今回なんてんcafeでライブをやりたい、

とお話をくださった、ダブルドリブルさん。

実は第1回のライブをなんてんcafeで開いて下さっていたそうです。

もう3年半ほど前、春日部さんが店長だった時に。

今回のライブが第10回、この節目にもう一度なんてんcafeに戻って来たい。

とおっしゃって下さいました。

 

うーん、嬉しいですね、そうやってここを思い出してくれて、

何かやりたい!って思ってくれる人達がいてくれるって。

私も当日が楽しみです。

 

ご興味ある方は、ダブルドリブルさんのオフィシャルからご予約・お問い合わせいただけます。

http://www.double-drible.com/

※この日は15:00~18:00お座敷が貸切になりますが、カウンターは通常通り営業しております。



なんてんcafeでこんなこと出来ないかな、何かやりたい、って方いらっしゃいましたらお気軽にどうぞ。

 

アルバイトスタッフ募集のお知らせ

こんばんは。

4月からなんてんcafeの店長になりました、小西菜月です。

ちょうど2年くらい前、お客さんとしてなんてんcafeに来たときに

ご飯を食べながら友達に、こんなところで働きたいなぁと話していて、今こんなことになろうとは。

思ってもみなかったな、不思議です。

 

自分がいいな、好きだなぁと感じたなんてんのその雰囲気を、これからも大切にやっていけたら、と思っております。

皆さんよろしくお願いいたします。

 

そんなこんなで新たなスタートのなんてんcafeですが、

これから私たちと一緒にこのお店を作って行ってくださる方、探しています。

 

なんてんcafeのお仕事、実はなかなか大変です。

小さいお店なので、何から何まで自分達でやって行きます。

 

・ここをどんなお店にして行きたいかな

・どうしたらお客さまに気持よく過ごしてもらえるだろう

・どんなメニューを出したら喜んでもらえるかなぁ、等など

日々の業務もありながら、こんなことを毎日考えながらやっています。

 

でも、だからこそ!

楽しいな~と思うこともいっぱいあるんです。

 

自分の作ったご飯でお客様が喜んでくれたり、

色々お喋りして、また来ますね。って帰って行かれたお客様がまた本当に来てくれたり、

なんてんcafeを大切に思ってくれているお客様が沢山いてくてるんだなぁと、感じられたり。

 

大変だけど、そこにやりがいとか、楽しさを見つけていけるところなんじゃないかな~

そういったこと一緒に考えながら、ワクワクしてくれる方、お待ちしています。

 

募集要項

雇用形態:アルバイト

時給:890円~(深夜時給あり)

勤務日:土日を含む週3~5日(シフト制)

仕事内容:調理・接客どちらも行っていただきます。

交通費支給・まかないあり

お問い合せはこちらまで

TEL 03-5986-1087

Mail info@nantencafe.com


 

 

新店長にバトンパス

こんにちは

長らく店長をつづけました。

なんてんcafeのまがまりこです。

 

2010年5月15日になんてんcafe がオープンし

今まで

ひろみん店長

春日部店長と店長を務めてまいりました。

途中皆本店長にバトンパスした時期もあったのですが

気がつけが一番長く店長を務めてまいりました。

2年半弱か。

 

さてそんな私も

なんてんcafeで働いている間に縁談整いまして

まさかの嫁に行くことになりました。

友人どもには「大逆転勝利!!」と罵られたものです。

もはやそれは失礼だ!というお祝いのコメントも1年経つと懐かしいなぁ。

それからも旦那を放って夜11時までカフェに立つ日々もありましたが

この度

転勤族の旦那と流転の日々を覚悟し退社することになりました。

 

新しい店長は

私が一番一番かわいがって大切に育ててきた

小西店長です。

 

もう新しい店長が好きすぎて

なんなら私しばらくバイトでおりますけどね!!

 

とりあえず今日で社員は最後。

明日からは店長からバイトに降格です。

 

でも今後もし小西店長をいじめる奴がいたら

地球の裏側からでも帰ってきます。

 

こんなわたくしですがこれからも宜しくお願いします!

 

こんな感じで眺めている私

なんてんのスタッフはみんなかわええなぁ。



 

新入社員&アルバイトスタッフ募集

というわけでスタッフの募集です。

3月に学生スタッフがどんどん卒業します。

さみしいなぁ。

なんてんも今までの一人店長体制から、

店長副店長体制に変わります。

長く、できるだけ毎日開けていくためには

やっぱり一人だけだととても大変で。

やっぱり二人いれば助け合えるし

いいんじゃないかなと思っているのです。

先代から店長を引き継いで大切に育ててきたなんてんcafe。

新しく店長になる人もとても魅力的。

魅力的な人に出会えることを夢見ております。ふふふ。

なんて久しぶりの投稿

こんにちは。

なんてんcafeのまりこです。

 

ずーっと更新がされていないぞ!!

と指摘されていたのを

硬い意思で無視し続けておりましたが(笑)

いよいよ更新してしまいました。

 

最近は夜のメニューを手入れしたり

スタッフの入れ替わりがあったりとバタついていましたが

新しい動きがたくさん起こってもいます。

 

じゃん。

 



これは要町ご近所フェスティバル

というイベントでつくったものです。

「地域発・お母さんによるまちづくりイベント」

ということで中心メンバーはなんてんcafeではなく

なんてんcafeでワークショップを開催していた

お母さんたちです。

こんな風に

街角からアイデアが生まれて

それが形になっていくこと

そこになんてんcafeが関わっていることが

すごく嬉しいと思います。

facebook.com/kanamecho.gokinjofes

ますます盛り上がる要町の真ん中で

私達はブログを更新する暇もなく(言い訳)

忙しく楽しくやっております!

皆さんに嬉しいご報告

こんにちは。

なんてんcafeの暫定店長まがまりこです。

皆様に嬉しいお知らせが有ります。

 

なんてんに新店長がやって来ます!!

時間をかけて、探し続けた甲斐がありました。

今のなんてんcafeに足りないものと

今のなんてんcafeにふさわしい雰囲気をたずさえた男性です。

飲食店勤務経験が長くとてもしっかり者です。

 

ここから先は飾らないことばで

新しい店長の紹介をさせていただきますね。

新しい店長の名前は“みなもと店長”といいます。

すでにお客様から「頼朝様」と勝手なアダ名を着けられるくらい

馴染んでいます。

本人は心から笑っているのだと思いますが

嘘みたいに「はは!」としっかりした発音で笑います(笑)

こどもに積極的に関わろうとしないのかなと思ったら

帰った後に

「めちゃくちゃかわいかったっすね!」と

子ども愛を見せます。

 

今までは女性ばかりふんわりほんわかしたcafeでしたが

どうしても夜遅くなると不安だったりしておりました。

そんな中にぴりりとしまる大黒柱が来た感じです。

うちのスタッフともすぐに打ち解け

安心安心!!

 

新しい店長は現在研修中ですが

9月15日から正式な店長となることが決まりました。

 

皆様今後共どうぞよろしくお願いいたします。

 

写真は鯰&なんてん

新店長はこの中におります。

ご予約についてのお願い

こんにちは。

なんてんcafeのまがまりこです。

 

雨が降ったり蒸し暑くなったり、なんだか安定しないこの頃ですね。

安定しないといえば日本のディフェンスライン。

先のアメリカでの練習試合もそうですが、ザルっぷりが目立ちます。

まぁでも、無理もないよなぁと思います。

彼らは世界を飛び回りその都度その国の気候に体を慣らすんですから

無理も出るのも仕方がない。

日本のお茶の間でエアコンのドライをONにして見ている人が

「日本代表の試合にはがっかりしたよ。」

と言うなんて品のない行為です。

 

そして私はそんな品のない人間です(笑)

いやぁ悲しい。

 

さて、皆様にお願いがございます。

なんてんcafe席のご予約について

 

【お願い】

11:00-14:00の間の予約の電話は極力お控えください

最近のなんてんcafeはランチは戦場と化しておりまして、

電話応対ができかねます。

 

【決定事項】

当日のご予約原則受け付けません。

当日のご予約を受けておりますと

せっかく足を運んで頂いたお客様をお断りすることになってしまいます。

なんてんcafeとしては

足を運んで下さったお客様を大切にしたいと考え

このようにさせていただきました。

 

何分席数の限られた小さなcafeですので

ご容赦いただければと思います。

 

よろしくお願いいたします。

タロット占いとなんてんcafeの未来のこと



こんにちは。

なんてんcafeのまがまりこです。

最近名刺が切れたのでこれを機に新姓にいたしました。

「まりこさん」とよばれることが多いのであんまり支障はありませんが

オフィシャルにはこちらで。

 

さてさて

昨日なんてんcafeにタロット占い師さんがやってきました。

(ほんとはもっと色々な顔がある方なんですがここはこんなかんじで)

常連さんの紹介でたまたま居合わせた人

もともとお願いしていた人

まとめて占っていただいたのですが…

タロットって面白いんですね~

当たる!!

 

タロットは魔法のようにどこから湧いてきたものではなくて

基本的に占いの対象者が自分でカードを動かすので

当たる!!というより

心の声はこう出ているよ。

と言われることが、納得できるという感じでした。

 

さて私は仕事運を見ていただいたのですが…

「一点の曇もなし、信じた道を進めばよし」

というような意味の

とても心が軽くなるようなカードを頂きました。

 

占いで何をどうこうするとかではなく

占いを通じてはじめて会う人から良い言葉をもらえたり

自分の手が自分に何を示しているのかを読み解いてもらったり

とっても素敵なことだと思いませんか??

何人かの常連さんのタロット結果を聞いて確信しました。

「これは、おもしろい。」

というわけでまた占いに来てもらえるように

お願いしようと思います。

 

「占いなんて信じない!」「非科学的だ!」

とかクールぶっちゃってる人も

絶対おもしろいですよ。

信じる信じないじゃなくて

カードを読み解く解釈の仕方とかも非常に綺麗で。

うん絶対またお声掛けしてみよう。

 

さて最近の私のお仕事のこと。

「まちづくりのプロジェクト」のこと。

どう進めていこうか

どんな人に協力を得ようか

私の中の考え方をしっかり資料化しないと

なかなか人に伝えられないので

その作業をシッカリやらなくてはと思っています。

 

基本的に私がこの会社に入ったのは

「企業が地域のことを考えている」

という姿勢に感銘をうけ

私もこのまちのために何かしたいなぁと思ったから。

 

誰かのメリットをどうするかみたいなことにとらわれず

そういう純粋な志を中心に置いて

物事を一つひとつ組み立てて行こうと思います。

 

まずは小さくfacebook更新中!!

いいね!で応援よろしくお願いいたします。

https://www.facebook.com/kanamemachi?ref=hl

 

それからずっと探している新しいなんてんcafe店長の件

なかなか同じテンションでワクワクしてくれそうな方が見つからず

ずっと募集しています。

 

まぁでも冷静に考えてそうだよなーと思います。

1に給与面

cafeって思うよりも儲からないし

(1杯500円のcafeで1時間とか過ごすので回転しない)

そういう店でよし!としている間は

なかなか高給を提示できないという側面があります。

 

2に質の面

正直今なんてんcafeにいるスタッフのうち

少なくとも3.4人は

今すぐ独立してもお店やっていけるんじゃないか?

というくらい料理の腕と作業のスピードと接客の素晴らしさと

何より人間的な嗅覚※これが正しい、正しくないの判断ができる能力

が優れています。

外から未経験で入った時に

ちょっと怖気づいてしまうことがあるかもしれません。

結構プレッシャーになるのかもなぁと思います。

それにまちづくりのことなど、まちのことを総合的に考えられるような力まで求めるので

そんな人はなかなか…

 

でもなんかそれでいいのかなと思いました。

だからって、一緒になんてんcafeを盛り上げるパートナーに妥協して

利益至上主義の味気ないお店になってしまうより

「バイトが使えない!」「社員がとろい!」

みたいなよく聞く人間関係のいざこざのあるcafeになるより

どんな状況も朗らかに笑えるくらい高い志を持った人を

待ってみようかななんて。

 

デスクでお姉さんが勉強してて

座敷で赤ちゃんが転がってて

カウンターでおっちゃんが酒を飲んでる

そんな「実家のリビングかよ!!」みたいな

こういう雰囲気を大切に思ってくれる人を探そうと思います。

 

もちろん

新しいスタッフの将来のために

収穫をなるべく多くして還元する努力はつづけていきますが

まずは志を大切に。

 

仕事をする限り悩みはつきないし

仕事をやめても悩みはつきないのでね。

 

どうしても落ち着きたい悩みのあるかたは

なんてんcafeのまりこまでご連絡ください。

タロット占いを何とかお願いしてみます笑

 

 

 

地域の”おいしい!”を食べる会 報告

こんにちは。

なんてんcafeの店長の大石真理子です。

 

先日行われた

なんてんcafeの有志メンバーと

池袋西口でまちづくりに取り組んでいる

イケニシブクロさんとの共同開催イベントのご報告をさせていただきます。

 

ご報告なんていうと

堅苦しい感じがしますねぇ。

まずは写真で。

なんてんcafe&香麦荘のLunchBox

香麦荘のベーグル&バケットに
なんてんcafeのかまど炊き白米のおむすび、奥に見えるのはtidepool coffeeのサングリア



角煮飯 豚の角煮

角煮飯 豚の角煮



じどりーにょ 地鶏

じどりーにょ 地鶏



こんな感じで

地域のおいしいものを集めて

参加者の方に食べていただくという

イベントを開催させていただきました。

 

なんでそんなことするの??

 

というところなのですが

以前からなんてんcafeには

お客様や地域の方から「こんな風に町を良くしていきたい!」

「なんてんさん。何か一緒にやりましょう!」

というお声をいただくことがちょこちょことありました。

あぁ

みんな地元の暮らしをより良くしていきたいって

考えてるんだなぁ。

なんてんcafeやなんてんcafeの運営母体の建築事務所鯰組は

そんな思いにどう応えていけるかなぁと

考えておりました。

そこで一発奮起。

よし、動き出してみよう!!

デザートもご用意いたしました
お菓子のおうち&LABESS
要町を代表する2大ケーキ屋さんのスイーツたちです



 

当日は美味しいものを食べていただきつつ

なんてんcafeスタッフの有志で立ち上げた

なんてんcafeに集まった

「こんなことやりたいです!」の声を

具体化していくための組織

「カナメマチカラ(仮)」についても

なんてんcafeの西田&大石から

プレゼンテーションさせていただきました。

忙しくて髪ボサボサですが
疲れてなんてないですよ。



緊張してますが
地元愛はちゃんとプレゼンできました



西田は地元っ子で

小さい頃から「要町に住んでる」

と言ってもなかなか友人に伝わらないことを

悲しいなぁと思っていたそうです。

「どこに住んでいるの?」

「要町!」

「・・・ごめん、どこそこ?東京だよね?」

「都内都内!!池袋の隣の駅」

「ああ!池袋か!」

「(いや池袋じゃなくて要町なんだけどな)」

要町という土地のことをあまり知られていない状況を

自分たちで変えていくために立ち上がりました。

がんばろう地元っ子!!

 

そして私大石は

要町には6年間お世話になりました。

「西の女の町、と書いて要町でええやん!!」

と故郷の大阪から上京すると同時に要町に住み

いつの間にか職場も要町になっておりました。

今は結婚と同時に引っ越したものの

職場の要町に通っています。

要町好きだなぁと思いつつ

上京したての頃の私は地域との関わりをあまり持てないまま

職場と家の往復だけで1日を終えていました。

当時の私みたいな人が結構多いんじゃないかと思い

私も立ち上がることにしました。

 

そして

いつの間にか巻き込まれている

こちらも要町の地元っ子の中の地元っ子!

なんてんスタッフでありお面クリエイターの一ノ瀬狐もHELPで参加。

コン!!



そしていよいよ緊張のプレゼンテーション。

要町にずっと住んでいる方を前に、

ともすれば新参者かつ若者の我々が

どんなことを言えるだろう。。。

考えに考え、今回のプレゼンの目標を

「わくわくして、参加したくなる」

にいたしました。

難しい問題は進めていく中で必ず出てきます。

最初にそんなリスクや組織の話をするのではなく

まずは

「町がこんな風になったら楽しいと思いませんか?

 それを是非一緒にやっていきませんか?」

というプレゼンテーションです。

プレゼンの最後に

ワクワクするようなアイデアをどどどどーと

フラッシュさせていただきました。

今回はそのうちの一部をご紹介。







 

 

 

以上ワクワクしていただけましたでしょうか??

こんな感じでプレゼンさせていただいたあとは

みなさんとざっくばらんに話し合い。

「ぜひともやっていこう!」という熱いメッセージや

「すでに地元にある組織との連携が大切だよ!!」

とアドバイスいただいたり

地元の名士とどこに行くと会えるか教えていただいたり…

みのりある

みのりしかないイベントとなりました。

動き出した小さなこの組織が続いていけますよう

私達も考えてまいります、

皆様この先もアドバイスやご意見

私も参加したい!!など

お気軽にメッセージいただけますと幸いです。

 

メール:info@nantencafe.com

なんてんcafe大石までよろしくお願いいたします。

 

イケニシブクロに関しては

代表者がスタジオガンボの西尾さんです。

この方が西尾さんです



池袋西口界隈から

地域を盛り上げる活動に参加したい!!という方は

西尾さんまでご連絡してみてください。

イケニシブクロとカナメマチカラの大きな違いは

イケニシブクロはすでに活動としてプロジェクトを進めた実績があり

飲食店さんが多く参加されています。

池袋西口のディープな世界が

あなたの力を待っているかも?!

メール:masashi@crimarts.com

 

Photos by 叶奈都美

 

※プレゼンテーションに使用している画像はインターネット上で検索し、引用させていただいております。引用元についてお問い合せはなんてんcafeまで。

 

Home

Return to page top