Home

なんてんcafe

なんてんcafeの店長という仕事について

なんてんcafeでは今将来店長となることを見越して

正社員を募集しております。



 

私、店長の大石は

今まで鯰組(なんてんcafeを運営する建築事務所)

の広報兼なんてんcafe店長だったのですが

広報の仕事に専念しようと思っています。

つきましてはcafeを見てくださる方を探しているのです。

 

 

なんてんcafeの運営はとてもやりがいのあることです。

仕事を兼任している私は

cafeでずっと調理場に立つわけにはいかないので

その分たくさんのアルバイトがなんてんcafeを支えてくれているのですが…

 

そのアルバイトが何ともみんな個性的。

 

これをどう束ねるの?!

どっちの方向へ向かうの?!

みんなが気持ちよく働けるお店って何??

とても難しいことですが

何よりスタッフがみんな仲がいいので毎回なんとかなります。

建築事務所の面々がなんてんcafeに癒されるという

素敵なことも起こっています。

 

一方で難しいこともあります。

たとえば日々のお金の管理や、

時間マネジメント

飲食店は料理の腕以外にも

体力・集中力・コミュニケーション能力が必要とされる

結構大変な仕事です。

いろいろ詰め込めようとしすぎて

誰かがしんどい思いをしていないか、

常に気を配らなければいけません。

 

料理も、

なんてんcafeは家庭料理屋ですので

同じ料理を毎日作り続けていれば良いということではありません。

四季のもので

しかも家庭ではあんまりやらない手間をかけて

この食材こう食べるんだ!みたいな

驚きも手掛けて考え続けなければなりません。

 

でも

そのどれもが

結構楽しいわけです。

仕事ですから多少頭抱えるくらいがちょうどよくて。

 

なおかつ

最近はスタッフが私の相談役というか

愚痴とか聞いてもらったり

メニューなどで困ったら相談に乗ってもらったり

一人でクリアするんじゃない感じは非常に楽しいです。

 

最近はお客様も増え

常連さんも増え

地域活動や料理教室をしたり

なんてんcafeはなんてんcafeで

いろいろなことができるようになってきました。

 

レンタルスペースやコラボイベントで

地域の人との交流をはかったり

cafeを使って様々なことができるのは

本当に楽しいです。



じゃあなんでそんな楽しい仕事を手放すのかといいますと。

 

お客様が増えて活気が出た分

兼任という状況で運営していくことが困難になったからです。

 

実はcafeって見えない仕事が結構あるんです。

WEBの更新、メニューの刷新、お客様の活動の告知

メニューの開発、環境を整えたり家電製品のトラブルなどの対処

備品の充実、レンタルスペースの窓口、メール返信

なんてんcafeのシフト調整、給与計算、

スタッフモチベーションUPの対策を考えたり・・・

 

なんてんcafeと鯰組広報、

2冊のスケジュール帳をいつも完璧に更新できるほど

かしこくない自分と直面し

誰かに一緒にやってほしいなと。

 

そこで社長と話をし

なんてんcafeの引導を誰かに渡すことにしたのです。

 

今、ランチはリニューアル当時からのスタッフが

「店長なしでもだいじょうぶだよ!!」

としっかり引っ張ってくれているので

 

活気とやる気のある人が

夜のなんてんcafeを盛り上げてくれたら

もっと良い店になれるんじゃないかなぁと思っています。

 

幸い今までヘンテコな人ばかり

なんてんcafeにやってきた経験から

どんな人が来てもびっくりしないつもりです。

 

cafe専門学校を卒業したばかり、勉強+力試しをしたいと思っている若い子とか

将来自分のお店を持ちたいと思っている男性とか

こどもがいるけど飲食やりたい!!みたいな熱い母とか

ずっと夜働いてきました、最終的にはcafeで働くのもいいねぇというご年配の方とか

 

働きたい気持ちと

料理の能力と

人とのコミュニケーション能力があれば

あとは環境は私が頑張って

整えていこうと思います。

 

一緒になんてんcafeを

盛り上げてくれる人を探しています。

 

興味があればぜひ一緒に

なんてんcafeを盛り上げていきましょう。

 

詳細条件はこちらです。

 

・・・・追伸・・・・

あれ?最近なんてんcafe店長決定してなかった?

なんてんcafeをよくチェックしてくださっている人であれば

気が付いているかもしれません。

決まりかけたのですが

今回はご縁がありませんでした。

というのも

彼女は30歳前半の女性だったので

試用期間中に自分の人生や結婚について考えたときに

23時までの夜勤務は難しいという判断になったからです。

妙齢女子としてその理由納得。。。

確かに夜遅くまで働くことによっぽど理解のある男性でないと

なかなかね。

ワークライフバランス!!

考えないとね。

私も無理はできないので

誰かに無理をさせるつもりはありません。

ただ無理はできないですが

頑張ることはできると思うので

一緒に頑張っていきましょう。

 

 

 

まちづくり?コミュニティづくり?

こんにちは。

雪が降り続いております。

皆様如何お過ごしでしょうか。

 

なんてんは今日は14時で閉めることになりました。

一応、発達しながら近づいてくるらしい低気圧に備えて。

都会は雪に弱いですから

案の定都会っ子の私も雪に弱いです。さむさむ。

 

さて

先日なんてんcafeに「イケニシブクロ」という活動を主催している

Nさんがいらっしゃいました。

「イケニシブクロ」は東日本大震災の際に立ち上がった

池袋西口の個人商店(小規模商店)が主催のイベントです。

Nさんのお話は

今年もイケニシをやっていくにあたって

要町のなんてんcafeも協力してもらえないかということでした。

以前からコミュニティ作りの大切さについては考えていたので

今前向きに検討しております。

 

でも早速頭が混乱しています(笑)

どんな風に動いていこうかなぁ

何をしようか

どんな感情がこの町の中にあるのかなぁ・・・

 

私は東日本大震災が起こったときに何も行動を起こさなかった人間の一人です。

理由は特になくてただただ自分のことでいっぱいいっぱいだっただけ。

でもそんな状況にやきもき。

 

そのうち意識の高い人の

「ボランティアに行ってきました!」

の声が近くからもパラパラと聞こえるようになってきました。

「私も何かしなきゃ、何かしなきゃ」と思いつつも

「でも、何ができる?」と

とりあえずコンビニの募金箱にいつもより多めのお金を入れる

くらいしかしていませんでした。

 

私は阪神淡路大震災の際大阪にいたので

地味に経験しています。

ぼんやりした記憶と

東日本大震災の経験。

何かが起こったときに見直されるのが「絆」。

直後高まる防災意識とコミュニティ意識。

でも何も起こらなかったらけっこうないがしろにされるのが

人と人とのつながりとかかもしれないなぁ。

(どうでもいいけどアバターももののけ姫も

何かわかりやすい危機に直面してやっと人は団結するよね!)

 

そしていつも想像してみます。

 

「これ

この災害がもし自分の身に起こっていたら

何かできたかな?

誰かを助けに遠くに行くことも大切だけど

私たちの足元は確かかな?

このマンションの中に私の存在がないこと

気がつく人って誰かいるかな??

隣の人は4人暮らしのはずです!!小さな子供がいるはずです!!

って言えるほど

ご近所の家族構成とか知ってるかなぁ?

何か起こったとき、ご近所さんを心配できるコミュニティ作りが

重要だったりしないかな。」

 

こういうボワボワしたまとまらない頭で

じゃあそのコミュニティづくりってなによ!!

 

イケニシブクロの発想は

チャリティだけではなく

ついでに(という言い方が適切かはさておき)

町の商店どうしのコミュニティを形成し

地域回遊マップを作りお客さんにも地元の店を楽しんでもらう。

その中で集まったお金は

困ってる人にとどけましょう。

というところがいいなぁと思います。

私はそもそも誰かのためにすぐに駆けつけることができるような人間ではないので

これくらいのほうが

しっくりきます。

 

遠くの誰かを助けれる程りっぱな人間でもないですが

せめて隣の人がいないくらいは気がつけるような人間でいたいなぁ

 

考え方はいいけども。

さぁ

要町からわたしたちは

何をしていくべきか。

 

通りに名前をつけよう

いつかモンパルナスの再興!

アーティストの町を復活させたい!

地元で夏フェスしたい!

映画祭主催したい!

合唱団をつくろう!

 

楽しそうでやりたいことはどんどん思いつくんですけどね。

そんなことの繰り返しなのかしら。

 

もうなんてんcafeのスタッフじゃなくても

お客様とかもなんか混ざってね。

何かできればいいんですけど。

何かしやすい仕組みを

私みたいに要町の会社で働く人や

地域にお店を構える人で

作っていければいいのかな。

 

そんなことを雪の日に考えてみています。

 

こんにちは。

今日は寒さもいくぶん和らぎ

過ごしやすい日ですね。



さて今日は第一回目の

なんてんcafeの料理教室が開催されました。

 

 

作ったメニューはこちら

・太巻き(7種の具で巻きます)

・五目煮豆

・イワシのつみれ汁

・キンカンのシロップ煮

です。

 

今日の参加者の方はお二人ともお子様同伴でしたので

ワイワイガヤガヤこどもたちをみんなで面倒みながら

一緒に楽しみました。

 

まずは福茶を飲みながら今日の料理の説明。

福茶とは

炒った大豆3粒・梅干し1粒・こぶ適量

を入れた湯呑に熱湯を注いだもの。

お正月と節分に飲む飲み物だそうです。

 

説明が終わったら

カウンターに移動しメモを取りながら料理を学んでいきます。

 

イワシの手開きなどの要所要所の作業は

みなさんにやってもらいます。

イワシの手開きでは

初めて魚をさばきました!!と感動の声。

 

料理を通して

道具の良さや何をそろえればいいかなど

そんな話もちらほらとすることができました。

 

毎日家事で忙しいお母さんたちは

なかなか自分のために時間をとることができません。

料理教室を通じて

ちょっといつもと違う楽しみを料理の中に見出してもらったり

食事中はのんびりしていただいたり

癒されてほしいなぁと

こちらも全力で頑張りました。



さてさて

季節の料理や行事食を

楽しく学んでいくことを目的に

今年から毎月やろうと思っている料理教室。

実は裏には壮大なテーマがあります!!

 

お母さんから社会をよくしていく。

 

おかあさんが料理を好きになる。

お母さんが家でニコニコ機嫌がよくなる。

お父さんこどもの機嫌がよくなる。

お父さんこどもの外での振る舞いが変わる。

世の中がよくなる!

 

これは料理講師黒柳さんの名言。

3人の子供を育てている説得力が違います。

 

こんな風に

子育ての悩みを共有しあいながら

楽しく行事食が学べる部活のような

楽しい教室にこれから育てていきたいと思います!!

 

次回は2月に「桃の節句」をテーマに料理を作ります。

男の子のお母様も

文化を知っておくことはとても良いことだと思いますので

ぜひご参加ください



★FACEBOOKで告知しています★

なんてんcafe料理教室:月1回

参加費:4500円(材料費込)

時間:10:00-13:00ごろ

詳細はお問い合わせorFACEBOOKをご確認ください!

 

 

なんてんcafeあれこれ 久しぶりのブログ更新



なんてんcafeの大石です。

久しぶりにブログを更新しています。

 

昨日なんてんcafeにいらっしゃったお客様に

「ブログ、更新しないんですか?!楽しみにしています!!」

と言われてしまいました。

 

こんなブログ誰も読んでないでしょ。

とたがをくくっていたら、意外に読んでくださっていたんですね。

 

さて、

更新していないあいだに色々なことがありました。

 

HPにもUPしておりましたが

なんてんcafeに新店長候補が入りました。

 

なんてんcafeはこの見てくれから

女性のオーナーが自分の思いを形にしたcafe

というような印象を与えるようですが

 

ちゃいますちゃいます!

 

鯰組という建築事務所のコンセプトcafeなのです。

建築事務所がハコを作り

なんてんcafeはソフトを作る

そんなかたちで

「より良い暮らしってこんな感じじゃない?」

というのを提案しているのです。

 

そして私はいままで建築事務所の広報と

なんてんcafe店長の両立をしておりましたが

なんてんcafeもおかげさまでたくさんのお客様とスタッフが集まり

とうとう一人じゃ手に負えなくなった(笑)次第です。

 

私は

会社全体の広報として

世の中に発信していくメッセージやコミュニケーションを考え

新店長は

なんてんcafeの顔として

魅力的な店作りとスタッフのマネジメントをしていく

 

というような形になります。

 

とはいえ

いきなりバシっと切り替わるなんてそんな簡単にはいきません。

特になんてんcafeのスタッフは

個性の強いゴロツキの集まりかつ

店長の教育なんて一切行き届いていない

スタッフの人間力たよりのcafeですから

まとめていくのは大変だと思います。

 

新店長には

無理にまとめようとはせず、

ただしなんてんcafeの弱い部分を集中的に補填していただき

様子を見ながら

ちょっとずつ

いい感じにしていけたらいいなぁと思います。



写真は敬愛する写真家

三嶋 義秀氏に撮影いただいたもの。

いつもSPECIAL THANKS。

11月からいろいろ変わります

こんにちは

ご無沙汰しております。

なんてんcafeの店長のオオイシマリコです。

季節がうつろいまして

すっかり秋ですね。

なんてんcafeの南天の木やもみじも紅葉はじめました。

 

さてそんな中

なんてんcafeでは11月から定休日を設けることになりました。

11月から毎週水曜日お休みをいただきます

けして「疲れたから」

といったような消極的な理由ではありません。

 

週に1日ちゃんと休みをもうけ

スタッフとミーティングしたり

たとえばなんてんcafe主催の料理教室や

季節のイベントを開催したりと

ある意味アクティブにしていくためのお休みです。

 

なんてんcafeには

「食卓からくらしを考える」

という考え方があります。

※そのあたりのことは鯰日和を参照ください

http://www.yoshikawano-namazu.com/komado/index.html/?page_id=84

そんな「食卓からくらしを考える」をより具体化していくために

11月から水曜日をお休みにしようと考えています。

 

皆様

今後ともなんてんcafeをよろしくおねがいいたします。

 

スタッフ紹介

こんにちは。

夏祭りも終わり…

そんな中なんてんcafeでは相撲をとっています!



さてさて。

今日はなんてんcafeのスタッフの紹介をさせていただきます。

まずは料理長のKさん

Kさんは3人の子供を育てているハイパーお母さん。

彼女に人生相談しにくるお客さんもいるくらい、頼れるわれらが母です。

オープニングからのスタッフYさん。

笑顔が素敵で癒し系、笑い上戸でなんでも笑ってくれます。

尋常じゃないほど猫が好きで、猫の話になると声がワントーン上がります。

にゃー

夜のスタッフM

は、カレーの天才。

カレーに魅せられカレーのために海外修業を重ねています。

彼のカレーは某名店より美味しいので早くカレー屋を開くべきだと思います。

本当に美味しい。

Hさんはわれらが女王様。

なんてんcafeの2F建築事務所スタッフも

すっかり女王様のとりこです。

もともとカフェ経験が長く現在も目白あたりでカフェを開こうともくろみ中。

Iさん

は、人当たりの良いメガネ男子。

その人柄には2歳児もメロメロ。

常に自分より人のことを考えて生きています。

臓器で言うと、頑張りすぎて自分を溶かしてしまう膵臓のような人です。

最近ではなんてんの発注など、管理的なお仕事もやってくれる頼れる男子。

Kちゃん

は看護学生

真面目でよく気が付くお嫁さんにしたい女の子NO1です。なんてんcafeの妹!

入った当時はおっちょこちょいがウリだったのですが

すっかりしっかり者に。

最近私生活で嫌なことがあるとなんてんで飲んだくれるということを覚え

真面目な人柄に面白みが加わりました。

Nさん

建築を学ぶ学生さんです。

なんだかなぁ~、空気感の良い子です。

彼女の魅力は話してみないと伝えられない。

噛めば噛むほど味がでる。

今こんなメンバーでなんてんcafeを切り盛りしています。

季節はもうすぐ秋。

カフェが似合う季節の到来です。

夏の日々

おはようございます。

久しぶりのブログの更新です。

なんてんcafe店長の大石です。

 

写真はなんとなく、今朝の我が猫の画像です。



出社前に人の鞄の取っ手をかみまくる猫。

この手の素材がお好きなようでだいたいぼろぼろになります。

ボロボロにされたくないならリネンのトートとかのほうが良いんだろうなぁ。。。

 

まぁどうでもいい話なのですが。

 

そんなどうってことない夏の日々を

つらつらと書きつづる

何の抑揚もカタルシスもドラマもないブログです。

 

なんてんcafe

だるい夏もゆるくやっております。

だるい夏は無理に元気を出したりせず

お客様と「暑いですね」とか言いながら。



 

※写真はお客様と「暑いですねー」の様子

※スイカだって食べちゃうよ!

なんてんcafeは

お盆にしっかりお休みをいただきました。

なぜかというと「暑いから」です。

今回はNEXCO東日本の渋滞情報に合わせ

おそらく都心から人が最もいなくなる時期に休みました。

 

その間私は

地元大阪で夏フェスの手伝いをしたり



なんてんcafeを某TV局のWEB動画撮影場所としてお貸しする中で

なんだかおもしろい人の話をちゃっかり聞いたり

自由に過ごしておりました。

 

特に夏フェスに参加したのは良かった!!

地元の友人のまわりで

「フェスをしよう!」

と盛り上がったメンバーでゼロから立ち上げたフェスなのですが

なんと今年は1000人以上動員したそうです!

凄い。

 

何がすごいって

みんな平日はちゃんと働いていること。

イベント屋さんじゃなく

ただただ音楽が好きなメンバーが

その思いだけで5年かけて形にしていったんですね~尊敬。

 

「シンプルな動機で、長く続ける」

 

最近こんなことが一番大切な気がしています。

 

そして

某TV局のWEB動画の話になってきますが…

情報がまだ公開されていないので深い発言は避けますが

こちらもなんだか

自分自身に良い影響がありそうなお話を聞くことができました。

NPOの代表の方と

まちづくりを生業とされている方のお話でしたが

やっぱり

「シンプルなことを長く続ける」

ことが大切なんだなぁと思いました。

 

好きだから、頑張る

暑いから、休む

眠いから、寝る

ムリは続かないから、無理しないでいい仕組みを考える

 

大切だなぁ

 

お盆が明けたら

自由学園明日館のビアガーデンに足を運び

豊島区の夏を楽しみました。

という感じで

ダラダラとした夏を

ダラダラとした文章でお送りしました。

 

 

終わり!



 

 

★なんてんcafe夏祭り開催★

 

というわけで

おっきくチラシをのっけてみました。

「夏祭りやりたいね!」

スタッフの一言から始まったこのイベント。

この日は地域の皆様に

「夏らしさ」を楽しんでいただくために

スタッフ一同朝から頑張ります!!

皆様ぜひ足を運んで

ちょっと覗いていってくださいね。

渾身の1000円

こんばんは。

なんてんcafeの大石です。

10月から牛乳の金額が5%上がるそうです。

カフェとしてはドキドキするニュースですね。

そんな中

なんてんcafeでは

「お酒のジャケ買い(デザインで選ぶ買い方)」

を始めました。

みんな実はかわいいビールとか好きだから

きっと日本酒もそうじゃないかな??

全部600円。

お得なものもあり、なんてんcafeがお得なものもあり

頭じゃなく遊び心で味わって頂きたいと思います。



さて

こんなこと話していいのでしょうか。

今日は大切なお金の話。

 

私個人の話になりますが

なんてんcafeで働く前は

私は広告制作会社におりました。

お客様から頂く製作費に

「こんな細かいお金で何ができると思ってるんですか?!

なんで予算ないんですか?!」

なんて思ったりしていました。

 

今考えると思い上がったOLでしたね。

貝になるか死にたいです。

 



建築業界&カフェ業界で

ものを作って売る。

という活動を通じて思うことがあります。

それは、1,000円の利益を得ることのむずかしさです。

 

利益を得ることは本当に難しい。

もちろんどんな商売にも共通していることなのですが

今の方がもっと切実です。

 

思えば

かつてのお客様たちは、

必死になって稼いだ利益の中から

なけなしの予算を割いて、

私たちの力を借りて、

業界で生き残ろうとしていたんですね。

 

今カフェの中でも

その提供するものの価値について

本気で考えています。

本当に価値に見合った食事が提供できているか。

 

1000円を稼ぐのは大変です。

暮らしの中から

1000円をなんてんcafeに使ってくださる方に

失礼なメニューでないか。

けちけちしていないか。

 

氷でかさましして稼ぐのではなく

良いものを適正価格で提供すること。

 

建築の仕事にも共通している理念です。

 

大方の方がご存じのように

これが意外と難しいんですが!

目指さなければ、成せませんしね~。

 

そしてなにより

そこに+αをスタッフひとりひとりが提供できること。

みんな接客のプロとなること。

を大切にしています。

 

私はなんてんcafeのスタッフを見ていると

凄いなぁと思います。

なんでかというと

真面目です。

そして

優しく

癒しです。

私がカフェに求めている事を

スタッフがやってくれています。

もちろんまだまだな部分のある人もいて

わたしもまだまだ半人前ですが…

 

何より良いのが

みんなまじめなこと。

これは生きづらさを感じるんじゃないか?

と心配になるくらい、真面目。

 

そんなスタッフと共に

真面目なお店を頑張ってみようと思います。

 

適正価格と+αの癒し。

 

さぁ

明日もがんばりましょうね。

 

 

 

食うに困らない星の元に生まれて

こんにちは。

久しぶりのブログの更新です。

最近お休みの日は

色々なカフェを巡ったり美味しいもの見つけたり

精力的に動くようになりました。

ほーんと!東京にはおいしい食べ物たくさんありますね!!

食べ物であふれかえっています。

胃が5個欲しい。

そして何より太らない体がほしいです。

 

最近ではなんてんcafeでボーっとしているだけで

色々な食べ物が集まってくるようになりました。

 

常連のhさんからの差し入れは

可愛いくまちゃんのケーキ。

hさんとは色々プライベートな話をさせていただいています。

ふわっとした雰囲気が可愛らしい彼女らしい手土産に

毎回癒されてしまいます。

さてこのケーキ

「ざくっとフォークを入れると中から心臓を模した赤いチェリーが…!!」

というのを楽しむケーキではありません。

「かわいい~!!」

「おいし~!!」

と2段階楽しんで食べるのが正解です。



 

こちらはまたまた常連Tさんからの差し入れです。

美術系のお仕事で日本中を渡り歩く

ガテン系渡り鳥のようなTさん。

そんなTさんは初対面のわたくしに

「兄貴!」となんとも男気あふれるあだ名をつけてくださいました。

なんという関西人ノリ!!

そんなTさんからは思いもよらないかわいいお土産です。



 

食べ物以外のモノも集まってまいりました。

私の東京でできた友人。

コヨーテアグリーのように

大都会東京を駆け巡り

とうとう幸せを手に入れた友人S(旧姓M)

フラワーコーディネーターの彼女が

なんてんcafeをイメージして作ってくれたブーケ。

上品な色使いで素敵です。



 

そして、

こちらは大阪から出張に来ていた高校時代の友人から。

「カフェで働いてるって聞いたから」

と絆創膏。

「あと

もう大阪のこと忘れてるんじゃないかと思って」

と食い倒れ太郎のマグネット

貼りなはれ!

ほな貼りまひょ!

コテコテです。



 

そんな感じで

いつのまにか必要なものが集まってきます。

とてもありがたい。

美味しいものも

どんどん集まってきてどんどん舌美人になっていきます。

 

東京で生きにくさを感じ日々もあったけど

最近は日々しみじみと幸せだなぁと思う日々です。

それはご近所さんとのふれあいや

いままでの人間関係によるものだと思います。

勝手に満たされる胃袋や

小さないただきものを眺めると

 

そういう星に生まれてきたのかしら。

とまた幸せな気持ちになります。

 

今日のブログは幸せ自慢になってしまいました。

 

Home

Return to page top